studio Sahana logo ヨーガ ヨガ ヨガスタジオ ヨガセラピー
Study

ヨガの練習と関節の問題との関連:オーストラリア人女性9151人を対象にした横断調査

ヨガの練習と関節の問題との関連:オーストラリア人女性9151人を対象にした横断調査

 皆さん、関節を痛めたことはないですか?特に、ジョギングや、ジムでのトレーニングにおいて膝や股関節、はたまた肩を痛めてしまった…なんていうご経験をしたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

「ヨガは関節に負担がかからない」って聞いてヨガを始めたのに、関節を痛めてしまった…!という方は、今一度「現在のヨガスタジオは適切な指導がされているのか?」をお考えください。


日本だけでなく、ヨガがさかんな国々では「ヨガのキツイ練習(または誤った練習)による怪我」は常に懸念されています。そこで、オーストラリアの研究チームが「ヨガって関節に悪影響を与えるのか?」について調査を行いました。


 結果は「関係性は見られないだろう」とのことです。


つまり、正しくヨガを行える環境においては関節への余分な負担はないとの見解です。もし、関節が痛いのを我慢してヨガをされている方がいらっしゃいましたら、まずはしっかりと休養をし、痛みを取り除きましょう。


そしてヨガを再開したけど、また痛みが再発して…と言う場合は、他のスタジオやインストラクターを訪ねてみることをお勧めいたします。

 下記、研究の要約まとめです。

Associations between yoga practice and joint problems: a cross-sectional survey among 9151 Australian women.

Lauche R1, Schumann D2, Sibbritt D3, Adams J3, Cramer H3,2.

Author information
1:Australian Research Centre in Complementary and Integrative Medicine (ARCCIM), Faculty of Health, University of Technology Sydney, 235-253 Jones Street, 2007, Ultimo, NSW, Australia. romy.lauche@uts.edu.au.
2:Department of Internal and Integrative Medicine, Kliniken Essen-Mitte, Faculty of Medicine, University of Duisburg-Essen, 45276, Essen, Germany.
3:Australian Research Centre in Complementary and Integrative Medicine (ARCCIM), Faculty of Health, University of Technology Sydney, 235-253 Jones Street, 2007, Ultimo, NSW, Australia.

Rheumatol Int. 2017 Jul;37(7):1145-1148. doi: 10.1007/s00296-017-3744-z. Epub 2017 May 22.
(PMID:28534211 DOI:10.1007/s00296-017-3744-z)



【要約】

 ヨガの練習は最近、関節の問題に関連付けられており、ヨガの練習が関節の健康にとって潜在的に危険な可能性があることを示しています。この研究の目的は、定期的なヨガの練習がオーストラリアの中年女性の関節の問題の頻度と関連しているかどうかを分析することでした。


 オーストラリアの女性の健康に関する縦断的研究(ALSWH)から62〜67歳の女性は、2013年に過去12か月で定期的な関節痛や問題を経験したかどうか、そして定期的にヨガを練習したかどうかを質問されました。関節の問題とヨガの練習との関連は、二乗検定と多重ロジスティック回帰モデリングを使用して分析されました。


 9151人の女性のうち、29.8%が肩関節、股関節、膝、および足の硬直または痛みを伴う関節の問題を定期的に報告しており、15.2、11.9、18.1および15.9%が過去12か月にそれぞれ報告しています。ヨガは、女性の10.1%、時には8.4%の割合の人によって実践されていました。


 ヨガの練習は、上肢または下肢の関節の問題と関連していませんでした。ヨガの練習と関節の問題との関連は確認されていません。関節の問題に関するヨガの利点と安全性の最終的な判断については、さらなる研究が必要です。

引用文献は下記よりご覧下さい.

もし、掲載内容と論文に誤りがございましたらご連絡いただけると幸いです。