studio Sahana logo ヨーガ ヨガ ヨガスタジオ ヨガセラピー
Study

看護スタッフのストレスと職業的生活の質に対するヨガプログラムの効果

看護スタッフのストレスと職業的生活の質に対するヨガプログラムの効果

2020年以降の新型コロナウイルスの影響により、あらためて医療従事者の方々は大変貴重な存在であり、それと同時にとても大変なお仕事であることが再認識されたのではないでしょうか。

僕自身も、大学院の療法施設とアーユルヴェーダ病院の各実習を経て、看護師の方々って本当にすごいことをされているんだなと身をもって知ることが出来ました。

日頃、患者さんの為に働かれる看護師の方には、常に大きな負荷がかかっています。その負荷を少しでも軽減するのに、ヨガという方法もいんじゃないか、ということを示唆する結果の研究論文をご紹介いたします。

 下記、研究の要約まとめです。

Effect of Structured Yoga Program on Stress and Professional Quality of Life Among Nursing Staff in a Tertiary Care Hospital of Delhi-A Small Scale Phase-II Trial

Suprakash Mandal, MD1, Puneet Misra, MD, MPH1, Gautam Sharma, MD2, Rajesh Sagar, MD3, Shashi Kant, MD1, SN Dwivedi, PhD4, R. Lakshmy, PhD5, Kiran Goswami, MD1
1:Centre for Community Medicine, All India Institute of Medical Sciences, New Delhi, India
2:Department of Cardiology and Centre for Integrative Medicine & Research, All India Institute of Medical Sciences, New Delhi, India
3:Department of Psychiatry, All India Institute of Medical Sciences, New Delhi, India
4:Department of Bio-statistics, All India Institute of Medical Sciences, New Delhi, India
5:Department of Cardiac-Biochemistry, Cardio-Neuro Centre, All India Institute of Medical Sciences, New Delhi, India

Journal of Evidence-Based Integrative Medicine
Volume: 26
Article first published online: February 10, 2021; Issue published: January 1, 2021


【背景】
看護スタッフは、さまざまなストレスと燃え尽き症候群に苦しんでいます。構造化されたヨガの12週間プログラムが、「看護スタッフのストレス」と、「その職業性特徴のある生活の質に及ぼす影響」を評価することを目的としました。


【方法】
・非盲検試験(An open-label, phase-II randomized clinical trial)が実施されました。
・在職中の看護スタッフは、介入群(ヨガグループ)と​​待機リスト対照群(コントロールグループ)にランダム化(1:1)されました。
・主要な結果は、知覚ストレススケール(PSS)によって測定された知覚ストレスでした。二次測定は、専門家の生活の質(ProQOL)スケール、血圧、血清コルチゾール、および高感度C反応性タンパク質によって測定されました。


【結果】
合計113人の参加者がヨガグループ(n = 58、平均= 35年、SD = 7。9年)、およびコントロールグループ(n = 55、平均= 32。5年、SD = 6。8年)に割り当てられました。 12週間後、ヨガグループの19人の参加者とコントロールグループの32人の参加者がプロトコルごとの分析に含まれました。

平均PSSスコアは、ヨガグループで15.4(95%CI 12.6-18.2、SD 5.8)、コントロールグループで20.7(95%CI 19.7-21.7、SD 2.8)でした(p値<0.0001)。他のパラメータは、グループ間およびベースラインからエンドラインまでも違いはありませんでした。


【結論】
この調査結果は、ヨガがストレスを軽減するのに効果的である可能性があることを示しました。調査結果を確認するには、より大きなサンプルサイズの研究が必要です。

引用文献は下記よりご覧下さい.

もし、掲載内容と論文に誤りがございましたらご連絡いただけると幸いです。