studio Sahana logo ヨーガ ヨガ ヨガスタジオ ヨガセラピー
Study

ヨガと慢性炎症性自己免疫性関節炎(慢性関節リウマチ)

ヨガと慢性炎症性自己免疫性関節炎(慢性関節リウマチ)

関節の痛みや不調でお悩みの方は少なくないかと思います。その中でも深刻な症状として、慢性関節リウマチを患っていらっしゃる方もいるかもしれません。

日本では、男性よりも女性の方が約4倍も関節リウマチが発症しやすいとされておりますが、その原因は詳しく分かっていない現状です。

今回ご紹介する研究論文では、そのような慢性関節リウマチに対するヨガの介入によって、どのような効果が期待できるかを調査したものです。

結果を先に述べますと、「ヨガ的ライフスタイルにより、細胞の老化と心理的ストレスの速度を低下させ、生活の質を大幅に改善します。酸化ストレスを最小限に抑え、自己免疫異常を防ぎ、身体的および精神的な健康を促進します」とのことです。

なんだか期待ができる結果ですね。

そして僕が驚いたのが、「ヨガは健康を促進するだけでなく、家族歴が陽性の場合でもそのような病気の発症を予防/遅らせることができ、予防とリハビリテーションの大きな可能性を秘めています」と発表されており、家族歴にまで良い効果を期待できるかもしれないということです。

 下記、研究の要約まとめです。

Yoga and its impact on chronic inflammatory autoimmune arthritis

Surabhi Gautam1,Uma Kumar2,Rima Dada1,*
1:Department of Anatomy, All India Institute of Medical Sciences, New Delhi, India
2:Department of Rheumatology, All India Institute of Medical Sciences, New Delhi, India
DOI: 10.2741/873 Volume 13 Issue 1, pp.77-116
Published: 01 October 2020


【背景】
 関節リウマチ(RA)は、最も一般的な慢性炎症性自己免疫疾患の1つであり、生活の質に悪影響を及ぼします。 RAは病因が不明な疾患ですが、遺伝的要因と環境要因の両方がこの疾患に対する感受性に寄与しているようです。

 治療法がないにもかかわらず、この病気は心身の介入によって制御される可能性があります。ヨガなどのホリスティック治療は、心身症状、痛みの知覚、障害指数、関節の柔軟性、可動域、姿勢、筋力、協調、および疾患活動性を大幅に改善および軽減します。


【免疫調節不全におけるストレスの役割】
 身体的および心理的の両方のストレスは、免疫の健康に有害である可能性があります。さまざまな未知のトリガー要因は、自己免疫疾患の発症に影響を及ぼします。異常な免疫調節を引き起こし、宿主防御を低下させて自己免疫疾患を引き起こします。ストレス反応の活性化、ストレス関連ホルモンの放出、サイトカインの不均衡は、HPA軸、交感神経系(SNS)、および免疫系の間の密接な関係に影響を与えます。

 活動性RAは、関節の腫れ、こわばり、痛みなどの典型的な症状を示し、コルチゾール、メラトニン、炎症性サイトカインの血漿濃度の概日リズムの違いと一致する日内変動を示します。ハタヨガとオムカー瞑想の効果に関する研究は、メラトニンの内因性分泌の増加が幸福感の改善に関与している可能性があることを示唆しました。また、横隔膜呼吸は、OSの低下と相関して、コルチゾールの産生の減少、メラトニンレベルの上昇を介して弛緩を誘発します。運動によって誘発される血漿コルチゾールの増加が夜のメラトニン分泌の低下に先行するため、コルチゾールとメラトニンのリズムの間に関係があることを発見しました。


【ヨガと関節リウマチ】
 RAにはこれまでのところ恒久的な治療法はありませんが、病気の始まりと進行の原因となる危険因子を最小限に抑えることで、病気を部分的に克服することができます。心理的およびOSを引き起こす欠陥のあるメカニズムを回復し、免疫老化の速度を低下させることは、RAの免疫異常をリセットする際の治療標的として浮上します。

 他の複雑な生活習慣病と同様に、RAはストレス管理のプログラムを通じて対処できることが多いストレス悪化疾患として特定されています。ヨガは、心、体、人格の固有の力をバランスの取れた方法で発達させることを目指す包括的な哲学的システムです。ヨガシステムは、アーサナ(姿勢)、プラーナヤーマ(呼吸法)、ディヤーナ(瞑想)で構成されています。

 ヨガは、ストレスを軽減し、不安、高血圧、筋骨格系の状態を治療するために実践されています。一連の健康な個人に関する私たちの研究室からの以前の研究では、12週間のヨガと瞑想の練習後のコルチゾールとIL-6のレベルの低下、フリーラジカル濃度の低下、およびテロメラーゼレベルのアップレギュレーションを観察しました。これらの実践は、長期のヨガ施術者の免疫細胞における遺伝子発現プロファイルの正の変化を示しています。


【結論】
 ヨガベースのライフスタイルの変更(Yoga based lifestyle modifications)は、細胞の老化と心理的ストレスの速度を低下させます。細胞サイクル制御遺伝子は、ミトコンドリアの完全性を改善し、抗酸化物質をコードする複数の遺伝子の発現レベルをアップレギュレートし、それによって総抗酸化能を高めます(酸化ストレス、免疫老化、および心理的ストレスのバミューダトライアングルは、RAの病因において決定的な役割を果たしています)。

 ヨガの定期的な練習は、感受性の高い人の免疫老化の加速に緩衝効果をもたらし、健康的な老化への鍵となります。喫煙をやめ、果物や野菜の摂取量を増やし、最適な体重を維持し、睡眠パターン/十分な睡眠を改善し、ヨガと瞑想を私たちの生活に統合することによる健康的なライフスタイルの採用は、生活の質を大幅に改善します。酸化ストレスを最小限に抑え、自己免疫異常を防ぎ、身体的および精神的な健康を促進します。

 したがって、ヨガは、最も複雑な生活習慣病の一般的な根本的な病因を対象としています。ヨガは健康を促進するだけでなく、家族歴が陽性の場合でもそのような病気の発症を予防/遅らせることができ、予防とリハビリテーションの大きな可能性を秘めています。ヨガのような単純なライフスタイルベースの心身介入は、疾患活動性、慢性疾患の痛み、腫れ、および関連するストレスと障害を大幅に軽減します。したがって、関節リウマチ患者の補助治療の役割を担う可能性を秘めています。

引用文献は下記よりご覧下さい.

もし、掲載内容と論文に誤りがございましたらご連絡いただけると幸いです。