Study

2型糖尿病の成人におけるヨガの効果:系統的レビューとメタ分析

 皆さんが日常でもよく耳にする生活習慣病の一つ、糖尿病です。まずは、「そもそも糖尿病って何なの?」をおさらいいたしましょう。

 糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気です。インスリンは膵臓から出るホルモンであり、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。

 血糖の濃度(血糖値)が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気(糖尿病の慢性合併症)につながります。また、著しく高い血糖は、それだけで昏睡(こんすい)などをおこすことがあります(糖尿病の急性合併症)。

 糖尿病は、その成りたちによっていくつかの種類に分類されますが、大きく分けると「1型糖尿病」、「2型糖尿病」、「その他の特定の機序、疾患によるもの」、そして「妊娠糖尿病」があります。

1型糖尿病

 1型糖尿病では、膵臓からインスリンがほとんど出なくなる(インスリン分泌低下)ことにより血糖値が高くなります。生きていくために、注射でインスリンを補う治療が必須となります。この状態を、インスリン依存状態といいます。

2型糖尿病

 2型糖尿病は、インスリンが出にくくなったり(インスリン分泌低下)、インスリンが効きにくくなったり(インスリン抵抗性)することによって血糖値が高くなります。2型糖尿病となる原因は、遺伝的な影響に加えて、食べ過ぎ、運動不足、肥満などの環境的な影響があるといわれています。

 すべての2型糖尿病患者の方に生活習慣の問題があるわけではありませんが、血糖値を望ましい範囲にコントロールするためには、食事や運動習慣の見直しがとても重要です。飲み薬や注射なども必要に応じて利用します。

引用:糖尿病とは|糖尿病情報センター

http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/010/010/01.html)2020年1月5日

 

 結論から申し上げますと、「ヨガは、脂質プロファイル、血圧、ボディマス指数、ウエスト/ヒップ比、コルチゾールレベルの大幅な改善と関連していました

 また、「ヨガは、コントロール状態と比較して、T2DMを持つ成人の血糖結果およびその他の合併症の危険因子を改善しました」とのことです。

 

 男性がヨガをするべき大きな理由の一つとして、糖尿病の改善や、またそのリスクの軽減にヨガが効果的だということが挙げられますね。 

────────────────

2型糖尿病の成人におけるヨガの効果:系統的レビューとメタ分析

要約:

 このメタ分析の目的は、2型糖尿病(T2DM)を持つ成人の血糖コントロールに対するヨガの効果を調べることでした。包括的な電子データベース検索により、関連する重要な用語を含む2559のユニークな研究が検索されました。

(1)T2DM管理を促進するためのヨガの介入を評価

(2)比較グループを使用

(3)介入後の血糖コントロールの客観的測定値を報告

(4)フォローアップ期間またはベースラインから少なくとも8週間の事後テスト

 評価対象としては、参加者、設計、方法論的特性、介入内容を規定し、要約効果サイズと95%信頼区間(CI)が計算されました。 2473人の参加者(平均年齢= 53歳、43%の女性)を対象とした23の研究が適格基準を満たしていました。対照と比較して、ヨガの参加者は、HbA1c(d + = 0.36、95%CI = 0.16、0.56; k = 16)、FBG(d + = 0.58、95%CI = 0.40、0.76; k = 20)の改善に成功しました。 PPBG(d + = 0.40、95%CI = 0.23、0.56; k = 14)。ヨガはまた、脂質プロファイル、血圧、ボディマス指数、ウエスト/ヒップ比、コルチゾールレベルの大幅な改善と関連していました。全体として、研究は方法論的品質(MQ)基準の平均41%を満たしました。 MQスコアはどの結果とも関連していませんでした(Ps> 0.05)。ヨガは、コントロール状態と比較して、T2DMを持つ成人の血糖結果およびその他の合併症の危険因子を改善しました。 T2DMの成人に対するヨガの長期的な効果を判断するには、より長い追跡調査を伴う追加の研究が必要です。

データ収集プロセスと信頼性:

 2人の独立したコーダー(HTおよびRL)が研究情報(例、出版年)、サンプルの特性(例、年齢、性別)、デザインの詳細(例、募集方法)、介入手順(例、ヨガスタイル、クラス数)を抽出し、そして、各研究からのヨガの要素(例えば、姿勢、呼吸)。各研究の方法論的品質は、検証済みの測定値から調整された15項目(合計スコア21)を使用して評価されました(Downs and Black、1998; Jadad et al。、1996; Miller et al。、1995; Miller et al。、2003) 。 評価者間信頼性は、すべての研究、サンプル、デザイン、および介入特性について評価されました。カテゴリ変数については、評定者は判断の98%に同意しました(平均コーエンのκ= 0.94、範囲= 0.55〜1.00)。連続変数の信頼性により、カテゴリ全体で平均0.96のクラス内相関係数(ρ)が得られました(中央値= 1.00)。コーダー間の意見の相違は、第3調査員(LAJSS)の助けを借りて解決されました。

研究成果:

 主要な研究成果には、血糖コントロールの客観的な測定値(すなわち、HbA1c、FBG、またはPPBG)が含まれていました。副次的アウトカムには、脂質プロファイル、収縮期および拡張期血圧、体組成、空腹時コルチゾールなどの糖尿病管理の他のマーカーが含まれていました。

結論:

現在のメタ分析は、ヨガがT2DMを持つ成人の血糖結果、脂質プロファイル、血圧、ウエスト/ヒップ比を改善することを明らかにしました。ただし、この集団におけるヨガの長期的な影響を調べるには、厳密に設計されたランダム化比較試験が必要です。ヨガが血糖コントロールに影響を与えるメカニズムを研究する必要もあります。今後の研究には、T2DM患者の臨床結果を改善するためのヨガの効果の潜在的なメディエーターとして作用する可能性のある行動(例:食事、身体活動)および心理的(例:ストレス、うつ病)要因の評価を含める必要があります。

引用・翻訳元:

The effects of yoga among adults with type 2 diabetes: A systematic review and meta-analysis.

Thind H1, Lantini R2, Balletto BL2, Donahue ML2, Salmoirago-Blotcher E3, Bock BC4, Scott-Sheldon LAJ4.

Author information

1

Department of Public Health, University of Massachusetts Lowell, One University Avenue, Southwick 326 A, Lowell, MA 01854, United States. Electronic address: herpreet_thind@uml.edu.

2

Centers for Behavioral and Preventive Medicine, The Miriam Hospital, Coro building, Suite 309, 164 Summit Avenue, Providence, RI 02906, United States.

3

Centers for Behavioral and Preventive Medicine, The Miriam Hospital, Coro building, Suite 309, 164 Summit Avenue, Providence, RI 02906, United States; Department of Medicine, Alpert School of Medicine, Brown University, 593 Eddy Street, Providence, RI 02903, United States.

4

Centers for Behavioral and Preventive Medicine, The Miriam Hospital, Coro building, Suite 309, 164 Summit Avenue, Providence, RI 02906, United States; Department of Psychiatry and Human Behavior, Alpert School of Medicine, Brown University, 700 Butler Dr., Providence, RI 02906, United States; Department of Behavioral and Social Science, Alpert School of Medicine, Brown University, 121 South Main Street, Providence, RI 02903, United States

Prev Med. 2017 Dec;105:116-126. doi: 10.1016/j.ypmed.2017.08.017. Epub 2017 Sep 4.

研究論文はこちらより(PMCID: PMC5653446 NIHMSID: NIHMS906409 PMID: 28882745


もし、掲載内容と論文に誤りがございましたらご連絡いただけると幸いです。

Copyright © 2018 studio Sahana All Rights Reserved.

studio Sahana logo ヨーガ ヨガ ヨガスタジオ ヨガセラピー
studio Sahana logo ヨーガ ヨガ ヨガスタジオ ヨガセラピー

 

〒231-0023

神奈川県​横浜市中区山下町

元町中華街駅より 徒歩5分

JR石川町駅より 徒歩7分

E-mail: info@sahana.com​​​​​​

  • studio Sahana - Instagram Icon
  • studio Sahana - Instagram Icon