36:日常マインドフルネス

36:日常マインドフルネス


こんばんは。先週末より一段と冷えてきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。この土日で、夏物はもうクローゼットの奥に仕舞い込み、冬物を引っ張り出した方も多いことかと思います。寒いのが苦手な僕にとっては、気合が必要な季節になってきました(南国顔だからか、寒いのがダメでして…)。



瞑想の質問と一緒に聞かれることの多い、「マインドフルネス」という言葉なのですが、瞑想に興味が無い方でも、きっと一度は目/耳にしたことがあるのではないでしょうか。大きな書店に行くと、心理学分野の近くにマインドフルネスのコーナーが設けられていますよね。



このマインドフルネスに関する面白い実験がありまして、ホテルの客室係のメイドさんたちを対象に調査が行われました。客室係の方による迅速且つ丁寧な作業で、瞬く間に客室が綺麗になっていく様子を、テレビやYouTube等で見たことがある方もいらっしゃるかと思いますが、とても体を動かす仕事ですよね。



実験では、客室係の中から被験者を選び、「日ごろ運動をしているか?」と質問したところ、ほとんどが「していない」と答えたそうです。実際のところは、上述したように、仕事することが十分な運動になっているにも関わらず、です(アメリカで行われた研究なのですが、この客室係の仕事は公衆衛生局が定めた運動のガイドラインを満たしているそうです)。



そこで、被験者のメイドさんたちを2つのグループに分けて、片方のグループだけには「仕事の中のいくつかの動きはジムでの運動に似ている」と指摘しました。1か月後、指摘されたグループは、ただ同じように仕事を続けていただけで(もちろん、1か月間で食事の変化が無ければ、仕事以外の運動も無く)、「最大血圧」「体重」「ウエスト・ヒップ比」が有意に下がったのです。そして、指摘しなかった別のグループには変化は見られなかったとのことです。



“ただ意識する”だけ、“ただ気付く”だけで、体にはこんなに変化が出るんだよというのが、今回ご紹介したマインドフルネスによる「気付きの効果」実験でした。なんだか不思議で、とても面白いですよね。



ヨガや運動をしている時に「ここを動かしているな」と意識したり、「あ、ここが伸びているな」と気づいてあげるだけで、その効果がグッと高まるのはもちろんのこと、通勤や買い物などで歩く際には「ヒップアップしているな」と意識するだけだったり、掃除しながら「二の腕に効いてるな」と思うだけで、メイドの実験のように、いつも通りの生活なのに体も心も何かしらの変化があるかもしれませんね。




Sahanaメルマガ vol.145より(2020年10月)

studio Sahana logo ヨーガ ヨガ ヨガスタジオ ヨガセラピー
Mail Magazine